訪問介護 料理できない 食材

訪問介護で利用者宅に訪れるといつも同じ食材しかなくて料理だできなくて困っていませんか?
せっかくレパートリーも増やして利用者さんい食事を楽しんでもらいたいと思っていても、いつも同じ食材ばかりではそのレパートリーも限られてきます。
もちろん栄養のバランスがとれていれば同じ食材が続いても問題はありませんが、出来ればバラエティに富んだ食事を利用者に提供してあげたいものです。

訪問介護でいつも同じ食材しかなくて料理できないレパートリーも増やせない時は?

訪問介護 料理

訪問介護で利用者宅に訪れるといつも同じ食材しか用意されていない。
そんな時に介護ヘルパーさんは頭を悩ませてしまいます。
せっかく何か美味しい物を料理hしてあげようと考えても、いつもいつも同じ食材だけしか用意されていなければレパートリーも限られてきます。
そんな同じ食材ばかりしかなくて栄養のバランスがとれないようであればなにか解決策を考えなければなりません。

食材を家族が購入している場合

利用者宅に用意されている食材を家族が購入している場合には、その家族が利用者に関心があまりないことも考えられます。
とりあえず事業所から家族に連絡してもらうことを考えましょう。
家族の協力を得るために
献立の予定を提案したりして食材を用意してもらえる
ようにまずは促してみましょう。

経済的な事情も考える

利用者宅にいつも同じ食材しか用意されていないのは経済的な事情がある可能性もあります。
その場合はできるだけ安価で材料で栄養価の高い料理を考える必要もあります。

利用者本人が買い物している場合

食材の購入を利用者本院がしている場合もあります。
その場合には同じ食材しか用意されていない原因は利用者の偏食や好き嫌いが関係していることもあります。
または逆に食への関心が極端に低いことも考えられます。

いつも同じ食材しかない利用者の訪問介護の料理の対策
・次回の訪問介護で作る料理の献立を利用者に伝えて食への関心を高めてもらう・
・次回の訪問介護で作る料理のための買い物リストを利用者に渡す

訪問介護で同じ食材しかない時の料理のレシピの工夫

訪問介護 料理 レシピ

同じ食材しかなければバラエティに富んだ料理のレパートリーも増やすのも大変です。
そこで訪問介護でいつも同じ食材しかない利用者宅での料理のレシピについて考えて欲しいのが調理のやり方です。
①煮る
②ゆでる
③焼く
④炒める
⑤蒸す
⑥揚げる

さらには
⑦切る
⑧おろす
⑨すりつぶす

これだけでも意外とかなりレシピのレパートリーを増やすことが出来るかもしれません。

また調味料の使い方にも工夫をしてみましょう。

調味料には
・塩
・砂糖
・醤油
・酒
・みりん
・味噌
・かつお節
・昆布
などなどいろいろな組み合わせも考えてみましょう。

調理の仕方は調味料の組み合わせを考えて変化を付けることが出来れば、かなりレシピのレパートリーも増えると思います。

料理の工夫を考えるのを諦めないで


同じ食材しかないだけでなく、調味料も揃っていない
そんな利用者宅の場合もあります。
そこで介護ヘルパーはもう諦めてしまうかもしれません。
しかし、そのご家庭では長年それだけの調味料で量理央をしてきたのかもしれません。
介護ヘルパーが利用者t楽で料理を作る場合は自分の先入観や価値観を押し付けないようにしましょう。、
その利用者のご家庭にはそのご家庭のやり方や味付けがあったはずです。
ですからその家のやり方を受け入れ、
与えられた条件でベストを尽くす
それがプロの訪問介護ヘルパーといえるかもしれません。

同じ食材しかないのはアレルギーがあるからかも?

初めて訪問介護を利用した
介護事業所を変更した
そんな場合は利用者の事情を把握できていないこともあります。

気を付けて欲しいのは同じ食材しかない理由を確かめなくてはいけません。
特に利用者がなにかのアレルギーを持っていることもあります。
アレルギーを持っている利用者は食べられるものも限られていますから、同じ食材で材料も偏りがちです。

訪問介護のいつも同じ食材しかない利用者宅での料理のレパートリーを増やす場合の香辛料の使い方と注意点


香辛料は料理にアクセントを加えてくれますから使い方によっては味付けに大きな編あkを付けることが出来ます。
特に夏場の食欲の落ちる時期にはいろいろな香辛料は効果があります。・
しかし、香辛料は高齢者には喉に引っかかりやすいという注意する点もあります。
一度 喉にひっかかかった経験をしたら利用者はもう味を美味しいと感じることはできなくなるかもしれません。

また酢のものもむせやすいので注意してください。
酢のものがむせたことのある利用者には
・酢を出汁で薄める
・とろみを付ける
などの工夫も必要化かもしれません。

先輩介護ヘルパーの料理の知恵も借りよう

ベテラン介護ヘルパーさんほど訪問介護の調理介助ではテキパキとお料理を作っておられます。

その秘訣は何なのでしょうか?


訪問介護での高齢者相手の料理はいつも自宅で自分の家族に作っている料理とは大きく異なることも少なくありません。
しかし、高齢者には高齢者に向いた料理というものがあります。
そのあたりは経験豊富な先輩訪問介護ヘルパーに日ごろから相談してみてはいかがでしょうか?
同じ食材でもまったく意外な料理を作っている介護ヘルパーも少なくありません。
そのひとつひとつがこれからの訪問介護での料理のレパートリーになってあなたの大きな力にもなります。