介護ヘルパー 持ち物 便利グッズ
訪問介護ヘルパーの仕事は、よく想定外のことが起こります。
そんな時に備えて訪問介護ヘルパーの持ち物も考えておきましょう。
小さなことばかりですが、そんな小さなことの積み重ねが仕事の効率化を図れます。

訪問介護ヘルパーの便利グッズ動画

ちょっとこれではス君場すぎる気がします。
では、もうすこしあったらいいな!という便利グッズも紹介しておきます。

訪問介護ヘルパーの持ち物① ポケット付きエプロン


訪問介護ヘルパーの主な仕事である
・掃除
・洗濯
・料理
・食事介助
などでは洋服が汚れてしまうこともよくあります。
ですので、介護ヘルパーの皆さんはエプロンを付けて作業されます。
しかし、このエプロン選びにも一工夫して欲しいのです。
それは
大きめのポケットがついたエプロンを選ぶ
ことです。
大きめのポケットがついているエプロンなら
・筆記用具
・タオル
・洗濯はさみ
などなどまるでドラえもんの魔法のポケットのようにいろいろな物を入れることができて便利です。
介護の仕事ではよく両手がふさがってしまう作業も少なくありません。
そんな時にはエプロンに大きめのポケットが重宝するのです。

訪問介護ヘルパーの持ち物② 小さなメモ帳


先ほどのエプロンに常時入れておいて欲しいのがメモ帳です。
介護ヘルパーの仕事は多岐に渡りますし、利用者の要望を聞き洩らしたり、うっかり忘れてしまうとその後のクレーム・苦情にもなりかねません。
できればその場でその都度書き留める習慣を付けましょう。
「後でメモ?」はうっかりミスの招きがちです。

訪問介護ヘルパーの持ち物③筆記用具(三色ボールペン・マーカー)


先ほどのエプロンのポケットにメモ帳と一緒に筆記用具も入れておきましょう。
おすすめは三色ボールペンです。・
・利用者への伝言用
・事業所への連絡用
・自分へのメモ用
で色分けしていると後でわかりやすいのでおおすすめです。

またこすると息得るフリクションボールペンも原理です。
鉛筆やシャープペンシルでもいいのですが、芯が折れたり擦れて後で読みにくくなったりして不便こともあります。

訪問介護ヘルパーの持ち物④ 携帯電話(スマホがおすすめ)


介護事業所によっては会社から携帯電話を提供されないこともよくあります。
まあ、今は携帯電話思ていない方のほうが少ないですからみなさんお持ちだと思います。
そこで少ないお給料からの負担も大きいとは思いますが、できればガラケーからスマホに移行して欲しいのです。
もちろん、携帯電話ですから
。事業所への連絡
・利用者宅への連絡
などもあります。
でもスマホにするとその多機能なところが多いに役立つのです。
スマホには
・高画質カメラ
・さまざまアプリ
があります。
例えば
利用者宅でなにか困ったことが起こった時に鵜電話だけだとうまく伝わらないことって意外と多いのです。
そんな時に写真や動画などを利用すれば、状況が美味く伝わり的確な指示も会え尾げます。

訪問介護ヘルパーの持ち物⑤腕時計


意外と今は腕時計をされない方も少なくありません。
「時間なんて携帯を言見ればわかるから」
そんなことを言われるのですが、訪問介護ヘルパーの仕事は1分1秒が勝負です。
「あと何分?」
それを確認するのいちいち圭太期wみているようではそれが無駄な動きとなります。
チリも積もれば山になります。
安物でよいので腕時計で時間はチェックするようにしましょう。

訪問介護ヘルパーの持ち物⑥ ビニール手袋・ゴム手袋


ビニール手袋やゴム手袋が役に立つのは
排泄介助
ゴミの分別
汚物の処理
などがあります。
さまざまな用途に応じて使い分けましょう。
必ずしも利用者宅に用意されているとは限らないので常に携帯するようにしましょう。
また介護ヘルパーが指などに小さな怪我をしてしまった時でも傷口の保護に重宝します。
どちらも使い捨ての物がおすすめです。

訪問介護ヘルパーの持ち物⑦ スーパーやコンビニの買い物袋

今は有料化になってしまったので少々困ってしまうようになりましたが、。コンビニやスーパーで貰う買い物袋hが介護ヘルパーには必需品でした。
例えば、利用者の目の前で捨てにくいものなどは、とりあえずその買い物袋に入れて後で処理する時には便利です。

訪問介護ヘルパーの持ち物⑧ 予備の靴下


利用者宅ではとんでもなく汚れていることもあります。
また、失禁に気づかず靴下が汚れてしまうこともあります。
しかし、そのままでは次の利用者宅の室内にあがるわけにもいきません。
何件も回るのが介護ヘルパーですから、そのためだけに事業所に立ち寄る時間の余裕はありません。
予備の靴下も常備hしておきましょう。
※出来れば数枚ほど

訪問介護ヘルパーの持ち物⑨ 足カバー

床の汚れが人い利用者宅もあります。
そんな場合はあまり気づかれないように装着して作業するのに便利です。
できれば靴下と同系色がおすすめです。
携帯用の簡易スリッパでも代用できます。

訪問介護ヘルパーの持ち物⑩ 除菌用スプレー


携帯用の除菌スプレーや除菌機能付きウエットティッシュが便利です。
今はコロナ感染対策としても必須です。

訪問介護ヘルパーの持ち物⑪ 予備のタオル


意外とかさばってしまうのが困りものですがタオルは介護ヘルパーには重宝します。
利用者宅を回る時
利用者の買い物同行や病院付き添いの時
不意の雨などの時に重宝します。

訪問介護ヘルパーの持ち物⑫ 予備のマスク


予備のマスクは常に余裕をもって常備しておきましょう。
ホコリの多い場所で作業する時もいあります。
またコロナやインフルエンザ予防の意味でもマスクは常時使用しておかなければなりません。

訪問介護ヘルパーの持ち物⑫ 油性マジック


油性マジックも重宝します。
それは髪でもビニールでもなんでも書けるからです。
利用者の薬の種類や日にち
雑巾への印(トイレ用、台所用、d掃除用など)
入院時の衣類に名前の記入
家族への連絡事項
などなど

訪問介護ヘルパーの持ち物⑬ A4程度の紙(チラシの裏面でもOK)


備忘録
利用者や家族への伝言
たとえば
「冷蔵庫に◎◎が入っています」
とか目の悪い利用者にもわかりやすくよう大きく書けます。

訪問介護ヘルパーの持ち物⑭【はさみとセロハンテープ


先ほどの伝言メモを冷蔵庫に貼っておいたり
物の置き場所や注意点などをチラシの裏やメモ帳に書いて歯っておくときに便利です。

訪問介護ヘルパーの持ち物⑮ ガムテープ

ペットの毛の除去や掃除を当てにくいとことなどコロコロテー代わりに使えて便利です。

訪問介護ヘルパーの持ち物⑯ 絆創膏

自分が怪我をした時だけでなく利用者のちょっとした怪我の時に役立ちます。
緊急時に利用者宅で急いで探しても見つからないこともありますからね。

訪問介護ヘルパーの持ち物⑰ジッパー付きビニール袋


ジップロックみたいなジッパー付きビニール袋は重宝します。
小さくて失くしやすい物を「まとめて保管したり
買い物支援の時に預かったお金の財布かわりやレシート・領収書入れにしたり
などなどい「いろんな場面で活躍します。

訪問介護ヘルパーの持ち物⑰ ミニドライバーセット


鍋の取って
車椅子の調整
ちょっとネジを回すだけで改善できることもすくなくありません。

訪問介護ヘルパーの持ち物⑱ ビニール風呂敷や大きめのゴミ袋


ゴミ袋など大判のビニール袋も時々活躍します。
利用者宅からの義身の持ち出しだけでなく
利用者の移動させるためのスライディングシートに代用もできます。
※ゴミ袋の場合は【はさみで切って

また急な雨の日には
・自分のカバンなどの雨よけ
・利用者の足元の雨除け
などにも利用できます。

この他にも経験豊富な介護ヘルパーさんはいろいろな物をうまく活用されています。