サ責 むかつく

現場で訪問介護をするヘルパーたちから
あのサ責、むかつくわぁ!
と総スカンを食らうサービス提供責任者って少なくありません。

でも、当のサ責自身はそのことにまったく気づいていません。

そんなサ責の下で働くヘルパーたちは悲劇です。

今回はこんな「むかつくサ責」の典型的なタイプを紹介してみます。

こんなサ責はむかつく①
何でも自分が正しいと主張するサ責

サ責 むかつく

キャリアが長いことだけからサ責に抜擢されたおばちゃんサ責に多いのですが
「なんでも自分が正しい」
と勘違いや自分おミスを絶対に認めないサ責です。

介護経験の浅いスタッフに厳しく指導する一方で、自分のミスは絶対に認めないのです。
つまり「他人い厳しく、自分位甘い」サ責です。

こんなサ責ほど感情が高ぶってくると、ヒステリクな態度で叱責してきます。
どうしても介護は人間のすることですからミスも出てくることは避けられません。
もちろん重大なミスならばそれも理解できますが、些細な軽微なことでも自分お機嫌の悪い時には八つ当たりでもするかのようにきつい叱責をしてくるものです。
時には仕事のミスではなくそのヘルパーの人格否定にまで受け取れるような言動もあります。

また業務改善のための提案をヘルパーがしても一切耳をp化してくれないことも少なくありません。

こんなサ責はむかつく②
年下で生意気なサ責

サ責 むかつく

介護施設のキャリアアップの条件として、資格取得を設けていおるところもたくさんあります。
例えば
・介護福祉士
・実務者研修
があります。
そこでその資格を取得できたことでサ責に抜擢されることもあります。

確かに資格は大事なものであることに間違いではないのですが、そのことに勘違いしてしまうサ責もいます。
特に若い世代に多く見受けられます。

でも、介護の現場で働くヘルパーさんは幅広い年代層の方がいます。
そこでそんな若いサ責に対して
「あの若いサ責、むかつくわぁ」ということもよくあるのです。
確かに仕事上の上司であっても、最低限の年長者を敬う気持ちが会って欲しいものです。

こんなサ責はむかつく③
うまくヘルパーを使いこなせないサ責

サ責 むかつく

訪問介護のヘルパーには幅広い年齢層の方がいます。
また各ヘルパーごとに得手不得手なことがあります。

料理や掃除など家事の生活介助は得意なヘルパー
要介護度の重い利用者のケアが苦手なヘルパー
体格の大きな男性利用者が苦手な小柄なヘルパー

それぞれのヘルパーの得意なことや苦手なことを把握し、うまく利用者担当を割当ててくれればいいのですがそこまで気が回らないサ責もいます。
サービス提供責任者に求められることは
・ヘルパーなどスタッフをマネジメントするリーダーシップ。
・介護事業所内の人をまとめる
ことです。

「人の上に立つこと」
「人に指示をすること」
が苦手なサ責ではうまく介護委事業所を回していくことができません。

こんなサ責はむかつく④
コミュニケーション能力がない

サ責 むかつく

サービス提供責任者の業務に「サービス担当者会議への参加」があります。
サービス担当者会議では、看護師や医師、リハビリ専門職など、さまざまな人たちと意見交換を行います。

そこでさまざまな情報や改善点をきちんとダ業種の方にも伝えて、寄りより介護計画を考えなくてはいけないのです。
しかし、そのサービス提供者会議でうまく他業種の専門家とコミュニケーションがとれないサ責もいます。

これでは利用者により良い介護サービスの提供は難しくなります。

こんなサ責はむかつく④
利用者のことを覚えていない?覚えようとしない?

サ責 むかつく

サービス提供責任者は今の介護事業所で担当してい利用者の名前と顔はもちろんの事、今入っているサービスの内容も覚えなくてはなりません。確かにそれは大変なことではありますが、サ責自らがぜんぜん覚えようとしない人もいます。

これではヘルパーが利用者のことで相談してもスムーズな対応策を指示することはできません。

訪問介護の現場ではよく突発的にイレギュラーなこともよく起こります。
そんな時にヘルパーは真っ先にサービス提供者に報告をして指示を仰ぐのですが、そのサ責自身がその利用者のことをよく把握していないのですから的確な指示も仰げません。

こんなサ責に下では働けない

サ責次第でその介護事業所の雰囲気はガラッと変わります。
前のサ責の時にはうまく回っていたのに、サ責が変わった途端にトラブルが続出?
ということはよくあることです。

ムカつくサ責もいますが、うまくリーダーシップを発揮してうまく介護事業所を回してくれるサ責もたくさんもいます。
できれば、そんなすぐに動いてくれるサ責の下で働きたいものです。


しかし、一応ヘルパーからすればサ責は上司であるので仕事のいやり方や介護事業所の回し方についてなかなか意見をすることも難しいから大変です。